妊娠してないのに生理が来ない原因は?

ハートを持つ女性 性行為後に生理が来ないと心配になります。
妊娠の疑いもありますが、検査結果で陰性だということも多々あります。
まず、生理というのは女性には毎月子宮内膜が剥がれて出血する月経、つまりは生理というものが起こります。
これは卵巣や子宮に問題なく、ホルモンバランスが取れている女性であれば毎月出血があります。
なぜ生理がこないのかはとても気になります。
毎月しっかり生理が来ていた人なら尚更です。

まず、生理が遅れる理由としては過度のストレスがかかるとホルモンバランスを崩して、生理が遅れることがあります。
環境の変化や、人間関係などで意識的に感じていない人でもストレスがかかってしまっていることもあります。
またこういった場合、避妊に失敗した、妊娠してしまったかもということがストレスになっているかもしれません。
そういう気持ちが少しでもあれば、病院に行きましょう。
結果でストレスが軽減されることもあります。

ストレスだけではなく、ピルやそのほかの薬を服用している人も、生理が遅れる可能性があります。
風邪を引いたり、飲み過ぎて胃薬を飲んだり、花粉症の薬を飲んだりともちろん個人差はありますが、それで生理が遅れることも少なからずあります。
または、卵巣や子宮の病気の可能性もあります。
最近は子宮筋腫や子宮内膜症などの病気も若い女性でなる人が増えています。
定期的な受診が必要ですが、今まで行ったことの無い方は病院の検診を受けることも一つの解決への道です。
それ以外の可能性は閉経を迎えたということもあり得ます。
女性は生まれて持っている卵子の数が決まっています。
その排卵が終了すると、閉経を迎えます。
閉経は普通、40後半から50代という年代でしたが、最近では20~30代でも増えています。
原因としては、極度のストレスや過度のダイエット、また偏った食生活です。
ジャンクフードの食べ過ぎだけでなく、野菜しか食べない菜食主義の人でもなり得る可能性があるのです。

早期閉経は1年以上生理がなくなった人を言うため、無月経の人と似ていますが無月経は卵巣機能が停止しているだけなので、卵巣機能を促進する薬を飲むと排卵が起こります。
無月経の場合は今後の妊娠を望める可能性が低くなるため、少しでも生理不順の兆候があれば病院に通うことがいいです。
また、定期検診のためにかかりつけの産婦人科を作っておき、性行為後陰性であり生理が来ない場合でもすぐに行けるように環境を整えておくことも大切です。

陰性でも1ヶ月以上生理が来ない場合は病院へ

性行為後、陰性で1ヶ月以上も生理がこない場合は病院へ行きましょう。
性交渉後にすぐ調べて陰性だったとしても、妊娠していないとは限りません。
たとえ、妊娠していなかったとしても生理がこないと言うことは子宮や卵巣の病気の可能性もあります。
生理がないと楽ですし、痛みも苛々もなくて済むと思われる女性もいると思いますが、生理というのは子宮の中を掃除する機能も果たしています。
妊娠していたら、子宮内膜が剥がれて掃除する必要はなくなりますから生理はきません。

ただ、その掃除がなくなると、どんどん子宮の中が汚れていき、いざ子供が欲しいと思ったときにいくら性行為を行っても妊娠できない、受精しても着床できない子宮になっている可能性もあります。
早めに病院へ行き、生理が来ない原因を突き止める必要があります。
たとえ、子供を望まないとしても子宮や卵巣の病気が悪化すると手術が必要になる可能性もあります。
がんになる女性も多く、発見が遅くなり全摘出する必要があったり、また亡くなる可能性もゼロではありません。
病気だけではなく、妊娠を切に希望していて、生理が来ないでほしいと思っている人にも陰性がでて生理がこない場合があります。
そういった場合は気を楽にして待つことが大切です。