コンドームのみで避妊した時の妊娠の確率

人生設計 同棲中のカップルは、自然とセックスの回数が増えます。
毎晩性生活を楽しく送る若いカップルも珍しくはありません。
健全な若い男女が一つ屋根の下で生活を共にすれば、自然な形で毎晩性行為を楽しむのがむしろ普通です。
ただ、まだ結婚の気持ちが固まっていない状態で、計画にない妊娠をしてしまうと、後の人生設計が大幅にズレてしまいます。
想定外の妊娠は避けなければいけません。

想定外の妊娠を避けるためにも、避妊対策が必須です。
特にセックスの頻度が高いカップルはそれだけ妊娠の確率も高くなります。
様々な避妊対策が存在しますが、最も手軽で効率的なのがコンドームの利用です。
男性がペニスに専用のゴム製品を付けるだけですので、手間もお金も最小限で済みます。

それでいてコンドームの避妊率は非常に高く、それだけで実質的に望まない妊娠を避けられます。
コンビニやドラッグストア、そしてネット通販サイト等、若者でも気軽に買えるお店に置かれています。
深夜遅くに突然セックスがしたい雰囲気になった時も、コンビニや深夜営業しているドラッグストアに行けば、確実にコンドームがゲット出来ます。

コンドームを正しく装着した時の避妊確率は99パーセントです。
装着さえしておけば、膣内で射精しても、ゴム製品の中に精液が溜まりますので、精子が子宮まで到達する事はなく、着床の現象に至る事はありません。
いわゆる安全日以外でも心配は無用です。

ただ、最近では薄型のコンドームが主流になりました。
男性の感度を落とさない、ゴム製品の違和感が女性器に伝わりにくい等、薄型の製品には良い利点がありますが、セックスの真っ最中に不注意で破けてしまう恐れがあります。
物理的に製品の厚みが薄いため、普通のコンドームよりも、衝撃に弱く、様々な体位に変えながらセックスを楽しんだり、女性が騎乗位で激しく腰を振る等した時、ゴムが気づかない間に破けてしまいます。

避妊率が極めて高い製品ですが、ゴムが破けてしまえば、装着していない状態と大差ありません。
しかもセックスの最中に、男女が気づかない形で不意に破けてしまえば、当然ですが男性がいつもの習慣で膣内で射精をしてしまいます。
ゴムが破けていれば、その隙間から精液が染み出していき、子宮へと精子が到達し、着床が起きるリスクが出てきます。

また日本製のコンドームは非常に品質が高く、初期不良で破けていたり、ゴムが劣化している事はまずありませんが、ユーザーがややラフな形で自宅に保管していると、袋や箱に入っていたとしても、製品にダメージが入ってしまい、気がつかずに最初から傷が入ったままコンドームを使ってしまう事になります。

ピルの避妊効果とは

コンドームの避妊率は正しく使えば完璧に近いですが、あくまで男性専用の避妊対策であり、また確率こそ低いですが、セックス中に破損する等のリスクがありますので、女性側にも専用の対策が求められます。
基礎体温表による避妊対策も良い方法ですが、最近ではピルを用いた対策が主流です。
低用量ピルを毎日きちんと服用すれば、コンドーム並かそれ以上の確率で想定外の妊娠を避けられます。
こちらはコンドームとは違い、劣化や破損の心配は不要です。

毎日コツコツと服用すれば、低用量ピルの働きによって女性ホルモンが高まり、妊娠を実質的に100パーセントに近い数値で避けられるようになります。
絶対の保証はありませんが、低用量ピルを服用している大多数の女性が避妊に成功しており、女性専用の避妊対策の中でも最も信頼がおける方法となりました。
精子が膣内に到達しても、女性ホルモンの数値が高水準だと着床に至らずに済むためです。

また彼氏がコンドームの利用を拒むタイプだった時も、女性側が低用量ピルを服用しておけば、高い確率で避妊対策ができます。
コンドームと低用量ピルを併用すれば、より確実な対策となりますが、現実的な確率として見れば、女性側が低用量ピルを服用するだけで、ほぼほぼリスクマネージメントは成功します。